BAR Up to You


BAR Up to You
by bar-uptoyou
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
メモ帳

<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ギムレットハイボール

昨日は雪が降り、大変な思いをされた方もいるのではないでしょうか?
まだ路面には雪が残り、滑ったりするのでお気をつけくださいね。

さて、先日はギムレットとジンライムのお話をしましたが、
今回は「ギムレットハイボール」です。

耳慣れない方もいると思いますが、
読んで字の如し、ギムレットのソーダ割りです(;^^)

ただ炭酸で割ってしまうと、薄くなりがちなので、
僕は少しだけシュガーを多めに入れています。

最近、一杯目に何を頼もうか悩むことがよくありまして・・・
「炭酸でスッキリしたいけど、アルコールの度数もほしい」
「いきなり強いのを頼んでもいいけどすぐ飲んで酔ってしまう」
こういうときに最適な一杯だと思います。

炭酸割りというものの、お酒と同量かそれ以下くらいで割るので
薄すぎず多少の時間をかけて飲めます。
少しくらい氷が解けてもそこまで水っぽくなりません。

一杯目にどうしようか悩んだときは、たまにはこういう変り種もいかがですか?
d0131095_1649026.jpg

[PR]
by bar-uptoyou | 2012-01-24 16:49

ギムレットとジンライム

少し前に、お客様に聞かれました。

「ギムレットとジンライムって何が違うの?」

ギムレットは

ジン 45ml
コーディアルライム 15ml
(甘味入りライムジュース)

ジンライムは

ジン 45ml
ライム15ml(Up to Youではライム1/2個を搾ります)

確かに、すごく似ていますね。

そもそも、ギムレットの起源は、
今から100年以上前、イギリス海軍の船医であった(提督という説もあります)
ギムレット卿が、艦内での将校たちのジンの飲みすぎ
(当時のジンは今の日本で言う焼酎のような位置づけです)を憂慮して
ライムジュースを混ぜることを提案したことと言われています。

当時は長い航海に備えるため、ライムジュースには保存のため
糖分を加えていたと推測されます。
なので、レシピではコーディアルと表記されることが多いですね。

ですが、現在では搾りたてのライムジュースが容易に使えるようになりました。
このほうが味、香りともによくなりますが、
まったく甘味がなくなるのでシュガーで補強するのが今の主流です。

さらに空気を含ませてまろやかにするシェイクを選ぶことからも、

ギムレットは
アルコールの刺激とライムの酸味を押さえ、甘酸のバランスを取り、厚みを出したカクテル

ジンライムは
ジンの香りとアルコール、ライムの酸味によるパンチの強さを楽しむカクテル

と僕は位置づけています。


・・・と、長々と書いてしまいましたが、
シュガー抜きのギムレットもシュガー入りのジンライムもおいしいと思います(;^^)
ご希望があればどちらも作りますのでお気軽に仰ってくださいね!

d0131095_173586.jpg

[PR]
by bar-uptoyou | 2012-01-14 17:36

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます!

今年もスタッフ一同、頑張って参りますので、よろしくお願い致します!


さて、Up to Youでは先日よりモルトラリーを開催しております。
今までのワンコインモルトデーに絡めた、大変お得なキャンペーンです!
スタンプをコンプリートされた方には、幻のウイスキーが!?
詳しくはスタッフにお尋ねください(^0^)


モルトラリー第1弾はマッカラン12年なのですが、
それにちなんで新しいウイスキーも入荷しました(*'-^)b

アデルフィー「マッカラン17年」です。
リフィルシェリーカスク(2回目の熟成のシェリー樽です)なので、
麦の香りの腰が樽の甘さと非常にいいバランスになっております。

変わった香りや味はしませんが、数種類のドライフルーツやチョコレート、
ローストされたナッツの香りが次々と浮き出てきます。

いかにもマッカラン、といった王道の味わいをお楽しみください!

d0131095_2014227.jpg

[PR]
by bar-uptoyou | 2012-01-09 21:00


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧